★頭に血が上ったものの…★


今日は寒かったー。仕事も一段落し、片付け、帰宅の途中だった。

交差点50m手前、運送業者の軽トラックが道を塞ぎ、対向車も数台あり停車し、やり過ごしていた。
前方の交差点の信号はまだ赤のまま。対向車がいなくなった後交差点へ向かっていたところ、後方から「ゴー」という轟音が聞こえてきたと思ったらく、後ろにいたトラックが交差点直前で何と追い越しをかけてきたのである。
そして交差点直前で自分の前に割り込んで来た。咄嗟にクラクションを鳴らしたが、相手はおかまいなしにスピードを上げて逃走?滅多に怒らない自分も久しぶりに「カー」となり、相手のケツにスリップストリーム。
信号で捕まった時に文句の一つでも言ってやろうと思ったのだが、あいにく今日は雨が降っており、車から降りたら「濡れるな」とか考え、直接文句を言うのは止めることとした。
しかし、「こういうドライバーには天罰を下さないと同じことを繰り返す!」などと訳のわからない事を考え、(こんな馬鹿は相手にしなけりゃ良いのにね)どうしたら良いかと考えって結果、可能な限り相手のケツにつけてクラクションを鳴らし続けてやろうと馬鹿なことを考えついたのである。
ここまで考えたらやらずにはいられない。
そして相手に追いつき信号で停止。
「よーし!やったるでー!」とクラクションを押そうとした瞬間、ここでクラクションを下手に鳴らして相手が逆ギレしたらどうしよう…など、考えてしまい…、結局実行せず。
小心者である。
実行できる人間であれば恐らくもっと大物になっていたのかもしれない。トホホ…。




Copyright © 2014 ★まりもの作業日誌★ All Rights Reserved.